昴通信

2018
• 昴通信12月号
• 昴通信11月号
• 昴通信10月号
• 昴通信9月号
• 昴通信8月号
• 昴通信7月号
• 昴通信6月号
• 昴通信5月号
• 昴通信4月号
• 昴通信3月号
• 昴通信2月号
• 昴通信1月号
2017
• 昴通信12月号
• 昴通信11月号
• 昴通信10月号
• 昴通信9月号
• 昴通信8月号
• 昴通信7月号
• 昴通信6月号
• 昴通信5月号
• 昴通信4月号
• 昴通信3月号
• 昴通信2月号
• 昴通信1月号
2016
• 昴通信12月号
• 昴通信11月号
• 昴通信10月号
• 昴通信9月号
• 昴通信8月号
• 昴通信7月号
• 昴通信6月号
• 昴通信5月号
• 昴通信4月号
• 昴通信3月号
• 昴通信2月号
• 昴通信1月号

ブックレビュー

• 『八月の光』
(著)ウィリアム・フォークナー
• 『敵』
(著)筒井康隆
• 『給水塔と亀』
(著)津村記久子
• 『さよなら渓谷』
(著)吉田修一
• 『荒野へ』
(著)ジョン・クラカワー
 /NOBO
• 『すべて真夜中の恋人たち』
(著)川上未映子
 /NOBO
• 『川は静かに流れ』
(著)ジョン・ハート
 /NOBO
• 『ラスト・チャイルド』
(著)ジョン・ハート
 /NOBO
• 『耳の物語』
(著)開高健
 /NOBO
• 『大いなる助走』
(著)筒井康隆
 /NOBO
• 『唐獅子株式会社』
(著)小林信彦
 /NOBO
• 『憂鬱たち』
(著)金原 ひとみ
 /NOBO
• 『蛍・納屋を焼く・その他の短編』
(著)村上春樹
 /ひよし
• 『破獄』
(著)吉村昭
 /ひよし
• 『ヘヴン』
(著)川上未映子
 /NOBO
• 『さまよう刃』
(著)東野圭吾
 /YUICHI
• 『さよなら、愛しい人』
(著)村上春樹訳
 /ななえ
• 『さらば愛しき女よ』
(著)レイモンド・チャンドラー
 /ひよし
• 『秘密』
(著)東野圭吾
 /YUICHI
• 『蛍』
(著)織田作之助
 /NOBO
• 『タタド』
(著)小池昌代
 /NOBO
• 『ことば汁』
(著)小池昌代
 /ななえ
• 『ポトスライムの舟』
(著)津村記久子
 /NOBO

ブログ

『あんな町、こんな国』恵美
『風に吹かれてお散歩』ふう
『そんなことよりおなかがすいたよ』せりか
『80歳からの手帳』久里
『ひとことブログ』ひよし

作品

• 「筆談ノート」
   槇野ひよし
• 「もう雪はいらない」
   成澤利律子
• 「根室の金毘羅祭り」
   波津俊昭
• 「胸」
   齋藤千賀子
• 「宝物」
   齋藤千賀子
• 「Nより」
   牧野ひよし
• 「久里先生」
   藤原けいこ
• 「キリギリスが鳴いた夏」
   神田寿美子
• 「文章サロンの四年間」
   神田寿美子
• 「Kuri's Letter ささめや ゆき さまへ」
   沓沢久里
• 「東日本大震災に思う」
   神田寿美子
• 「正月の固い決意」
   五月葉子
• 「ヘアスタイル」
   五月葉子
• 「私の札幌祭り」
   神田寿美子
• 「飯茶碗始末」
   さとう純子
• 「蝉に思う」
   川瀬潔
• 「ミモザの絵」
   神田寿美子
• 「皿」
   さとう純子
• 「開放感」
   牧野ひよし
• 「―何故書くのか、後編―」
    西沢洵子
• 「仕事ってどんなもの」
   小谷由美
• 「チェンジ」
   牧野ひよし
• 「呆けるのなら父さん流」
   神田寿美子
• 「マタニティヌード」
   舟崎恵美 
• 「生還者」
   舟崎恵美
• 「恋文」
   澤澄子 
• 「見えないトロフィー」
   牧野ひよし

北海道文学館からの依頼があり、「同人誌とともに」という表題に応えて寄稿しました。
館報(3月3日刊)第104号にその一文が掲載されています。


「昴の会」との春秋40年 中村久子

年明けの睦月、最終金曜日には事始めとして、慣例の昴新年会で盛大に祝杯を挙げる。
今年もお馴染みの森山軍治郎、和田由美、井上美香、若山智の四氏に加えて新客の田中綾氏を迎えた。
(常連の東直己、安孫子晴美両氏は急用のため残念ながら欠席)
お客様方から頂くスピーチはビッグなお年玉だ。
「最新刊の「昴十二号」についての批評や感想としてのお褒めの言葉、適切なご指摘、厳しくも暖かい激励などのありがたいこと。次号を目指して「書きます」という会員たちの意欲的な発言が飛び交い、宴は大いに盛り上がった。

そんな中で、昴の会の発足は一九七六年、今年はなんと四十周年に当たるのだと気が付いた。
当時からの居残りは私一人。もはや伝えようのない今昔の思いが胸に熱く迫った。

一九六六年、札幌での「北海道文学展」が未曽有の大成功。余勢で北海道文学館設立、月刊総合誌「北方文芸」創刊と快挙が続き、あらゆる文学活動に火が付いた。この時代の熱気の中で、更科源蔵の追っかけオバさんだった七名も読書会を結成。先生におねだりして名付けて貰った「昴の会」で、私たちは猛勉強を始めた。
読書と創作の講師に澤田誠一、小笠原克、川辺為三、高橋揆一郎、小檜山博、木原直彦、高野斗志美、山田昭夫、神谷忠孝、中村健之助、中沢茂、日高昭三、工藤欣弥、木下順一、東直己、鷲田小彌太、坂本幸四郎、高橋世織、加藤多一、倉島斉、寺久保友哉、小松茂、朴重鎬、佐々木逸郎、佐野良二、小松瑛子その他挙げきれない多数の作家たちを迎えて学んだ。
おかげで五年目頃から文学賞入選、新聞や雑誌に掲載という作品が続出し、同人誌「昴の会」創刊も果たしたが、こちらは二号で息切れ。その後は各自が発表の場を開拓する一方、会は緩やかな執筆活動の磁場として存続した。
折から喜寿を迎えた私に文学教室開講の依頼があり、身に余ることと恐れ乍ら、お喋り好きなホステスとしてお役に立ちたいという気持ちで受けた。
「中村久子の文章サロン」を始めた私は「書くこと」に興味があって訪れてくれたお客のもてなしに全力で努めた。

文章作法や読み書きの醍醐味を伝えたい一心で、自分が体得した全てをさらけ出した。
嬉しいことにサロンでの出会いを機に創作を志して「昴」に入会する人が増えた。
十年間続けて八十歳で閉じたサロンでの実りは大きかった。
同人誌は二十年ぶりに復活し、奇蹟の「昴の会三号」が発行された。
その後順調に年刊を重ねて九年、老いた古参会員は徐々に新人たちと入れ替わるように去った。

現在は老若男女二十余名の個性豊かな書き手たちが壮んな活動を続けている。ホームページが充実し、プロ並みの編集部員たちの献身的な骨折りのおかげで、本の出来栄えも上々という自負もある。
発行人とは名のみの私だが、文芸の裾野でのささやかな同人誌活動に意義ありと信じ、「昴の会」を大切に守っていきたいと切に願っている。